タウンワークが食卓の上に・・・

今朝、びっくりして心臓が止まるかと思いました。
食卓の上に、タウンワークが置いてあるのです。

昨晩は、主人の帰りが遅く、
私は子どもたちと先に寝てしまったので、
帰ってきたことにも気づかず朝を迎えたのです。

まさか、主人がリストラ??
それとも、大幅な減給で、私がパート??

頭の中は良からぬことが次から次へと巡ります。
昨晩遅かったであろう主人を叩き起こすのも
かわいそうだし、というか、
怖くて聞けないし、
そんなこんなで、朝食の準備をしていると、
主人が起きてきました。

タウンワークは食卓の上に置いたまま。
主人がそれをどうするのかと思って
こっそり見ていると、
何事もないような素振りで、
顔を洗いに行ってしまいました。

子ども3人抱えて、
これからどうやって生活をしていくつもりなのか、
もう私は、失業者の妻になりきっていました。

着替えを済ませた主人が食卓につくなり、
仕事あった? と尋ねると、
主人は、ポカーンとしています。
すると、私の視線がタウンワークに向いていることに
気付いた主人は、大爆笑です。

何と、本を持っていくのを忘れてしまったので、
駅に置いてあったタウンワークを
持ってきたと言うのです。

ホッとして涙すら浮かべている私を見て、
主人は更に大爆笑です。

今の幸せは、しばらく続きそうです。
あ~良かった。

ホワイトデーのお返し

子供だからといって、ホワイトデーのお返しを
適当にしてはいけない。
むしろ、大人の世界よりも、より大変で、
頭を悩ませるのが、子供の世界のホワイトデー
かもしれない。

もちろん、当の本人は、その意味もしきたりも、
そんなものは全く関係なく、何も考えてはいないのだけど。

昔は、といっても、私が子供のころは、
バレンタインに友チョコ交換なんてなかったし、
義理チョコもあっても極めて少数だったけれど、
今の時代は違う。

友チョコは当たり前、義理も、結構な数をあげるらしい。

だから、男子はもらってくる数が多い。

友チョコだとか義理チョコだとか、分かってもらっている
けれど、だからといってホワイトデーお返しをしないのは。

うちの男子もいくつかもらったわけです。

それも、ママと娘が一緒に作った手作りをいくつか。

となれば、それなりに喜んでもらえるお返しを
考えなくてはならず。
かといって、手作り返しでクッキーを焼くなんて
そんな時間も気力もない。

というわけで、息子にありがとうのカードを書かせ、
可愛らしい文房具セットを作りお返しとすることにした。

ママが関わるのは数年だと思うけど、
昔は子供だけでやっていたイベントなのに
親の仕事って時代と共に増えてくるのね。

初めての新橋ワインバー

学生時代の友人がバレンタイン婚をする事になりました。

挙式から二次会へとご招待を頂いたものの、
旦那は戦力にならないし、お願いして、
帰ってきたときの荒れ放題を想像すると
どうも気が引けて。

欠席かなと思っていたのですが、
当時の仲間が全員参加するようで、
私だけ欠席というのも気が引けて。

結局、出席することに決めました。

まずは、この荒れ放題の髪型を何とかしに
美容院へ行かないと。一年ぶりくらいかな。

そんなことより、出席するにあたり
一番気になっていることは二次会についてです。

会場は、新橋のワインバーだそうです。
何でも、有名なソムリエさんがいらして、
そこでワインについての知識を教えてくださるとか。

けど、私、ワインが飲めなくて。
勿論、ワインバーなんて行ったことありません。
地図を見るに、新橋といっても銀座です。
銀座にワインバーなんて、どんなところ?
どんな服装で行ったらよいの??
何を飲んだら良いの???

新橋は大昔勤めていたけれど、
町並みも変わっているんだろうな。

すっかり私は地味な主婦になってしまったけど、
同い年でもこれから結婚する人もいれば、
バリバリ働いている人もいて。

結婚式、二次会、新橋ワインバー。

どんな一日になるのかな。

食の安全について考える

最近、一気に相次いで浮上する食品異物混入問題。

驚くことに、発生したのは過去の出来事だという事実。

食品に虫が入っていたとか、
金具が入っていたとか、
カビが生えていたとか。

異物混入そのものにも驚きますが、
そういう実態が素通りされてきた過去に
もっと衝撃を受けました。

我が家には三人の子どもがいますが、
振り返ると年々食の安全に疎くなっていたなと。

第一子は何もかもが初めてだったし
不安でいっぱいだったので、
食の安全、食育、かなり神経質に育ててきました。

けれど、そこから続く第二子、第三子と、
忙しさを理由に、そんな意識が遠のいていました。

それでも、離乳食が終わるまでは
三人ともそれなりに意識してきましたが、
普通食になってからというもの全く。

けれど、昨今の頻発する事件を見ていたら
ちゃんと目を凝らして食の安全を意識しなければ
いつ、どこで、どんなものを食べるか
分からないなと思い改めました。

不幸中の幸いで、健康被害は出ていないと
されていますが、一方では、何故カビの生えた
食品を食べても、期限切れの食品を食べても
健康被害が出ないのか。

そこにはケミカル問題があるようです。

何があろうと、一生大切にしなくてはいけない、
何より大切なものは健康です。

私の作る食事を楽しみにしてくれているうちは、
私も責任をもって、調理していきたいと思います。

ファイヤーキングのマグカップ

12月は本当に忙しいです。

子供達の行事が沢山あるし、年越しの準備、
サンタクロースとしての仕事もあるし、
いくつかパーティーもあったりして、
やること沢山、お金と時間がなくて、大変です。

そんな中、昨日は早々と、近所のお友達同士で
クリスマス会をしました。
近くの集会場で2時間程度の会だったので
特に準備は必要なく、気楽な会でした。

唯一の催しとして、ママ同士のプレゼント交換がありました。
予算も含めてフリーだったので、
私は300円ショップでマグカップとラッピンググッツを
購入し、そこに手作りクッキーを詰める形で
プレゼントとしました。

そんなプレゼント交換で私が頂いたものは、
ファイヤーキングのマグカップ。
色は柔らかく暖かいグリーンで、形も丸みを帯びて
肌触りも優しいものでした。

私はファイヤーキングの存在を知らなかったのですが、
そのマグカップがとても素敵で、調べてみました。
そう簡単には入手できないものらしく、
歴史もあるものなのですね。

誰が用意してくれたものなのか、そして私の用意した物が
誰の元へ行ったのか分かりませんが、
ファイヤーキングのマグカップをいただいて、
何だか申し訳ない気分になると同時に、自分自身の美学のなさに
恥ずかしくなりました。

来年は、もっと美しい人間になっていたいものです。

ああ、それにしても忙しい忙しい。

初めてのはたらいく

つい先日まで暑いと思っていたのに、
気がつけば、日が短くなり、朝夜は寒くなり、
本格的な冬を待つ日々となってしまいました。

あと60日で2014年も終わりですね。
なんて早いのでしょうか。

ハロウィンが終わり、今月は子供の誕生日が2度あって、
来月はクリスマスがあって、年越しがあって。
お財布事情は寒さを増すばかりです。

この時期、短期や単発でのパート募集が
実は多いのですよね。
近所のスーパーでは毎年募集が貼られるのですが、
なにかと面倒なので応募に踏み切れず。

そんな中、ママ友が、はたらいくというサイトを
使って在宅ワークをしていると教えてくれました。
昨日、こっそり、はたらいくを覗いてみました。
じっくり見る時間がなく、斜め読み程度でしたが、
意外と求人数が多いことに驚きました。

ママ友が言う在宅ワークは、とても魅力的ですが、
果たして私が在宅ワークできるのかな。
家にいれば、他にやらなきゃいけないことが
目についてしまって、仕事にならなそう。

お小遣いはとってもほしいけど、結局、私の働くは、
掃除、買い物、料理、洗濯、子育て、夫のお世話
に尽きるのかな。

家政婦さんだったらお金になるだろうに、切ないわ。
何とか楽しく年越しできますように。

最後に、はたらいくとは、
好き(LIKE)に働くだそうですよ。

気になるドコッチ

我が家の子供たち、毎日毎日、妖怪ウォッチ。
寝ても覚めても、妖怪ウォッチ。
何でもかんでも、妖怪のせいにして、
これまで以上に反省しない、口答えをする。
そんな毎日に疲れを隠しきれない私です。

さて、子供たちは妖怪ウォッチに夢中ですが、
私は、ドコッチが気になって気になって仕方ありません。
ドコッチとは、NTTドコモから来春発売される
子供用の時計のことで、ドコッチを装着するだけで、
居場所の特定が出来たり、熱中症対策として温度管理が
出来たり、通話は出来ないけれど、メッセージ送信位は
できるようです。

真ん中の子が、あまりにも活発すぎて、
買い物や公園へ連れて行っても、少し目を離したすきに
姿を消すことが多々あるのです。
その度に冷や冷やして、もう懲り懲りな日々です。
子供に関する悲しい事件も発生しているし。

ドコッチは基本的には時計なので、
しかも時刻表示が電子タイプではなく、針表示になっているので
学習の為にも宜しいなと。

妖怪ウォッチつけるなら、ドコッチ付けてって感じです。

料金や契約プラン等はこれからリサーチですが、
ぜひとも契約の方向で検討したものです。

しかしうちの子、装着させてもすぐ外して
どこかに置き去りにしてきそう。

あぁ、頭が痛いわ。

デング熱とテング熱

デング熱の感染者数が日々増えていきますね。

今朝の報道では、人から人へ感染しないこと、
デング熱に感染したとしても、重症化する可能性は
低いとされていること、そして、デング熱かどうかを
検査するのは保険適用外であるということを知りました。

感染者に共通していることは、最近、代々木公園に行ったこと。
恐らくそこで蚊に刺されたことが感染の原因ではないか
とされているけれど、北は北海道から南は愛媛県で
患者が確認されていることに、私はビックリしました。

代々木公園って、そんなに全国から人が集まる公園だったのね。

うちの子供たちも昔からどういう訳か
蚊に刺されやすい体質で、腕や脚にいくつもの刺された痕が
あります。三ヶ月ほど前ではありますが、
代々木公園へ行ったこともあります。

その時は、まさか数ヵ月後にこのような感染病が
世間を騒がせることになろうとは思いもしなかったので、
改めて恐いなぁと思いました。

これ以上流行しないことを願いつつ、
感染者の皆さんが早く元気になられることを祈ります。

そんなデング熱、さすがに連日の報道で我が家の子供たちも
覚えましたよ。

「テング熱、テング熱~」って。

自作のテングの鼻をつけて、叫びながら
走り回っています。

タクシー好きな子供達

夏休みですね。

せっかくの夏休みなので、子供達を連れて
どこかへ行きたいのですが、連日の猛暑に
どんどん腰が重くなっていきます。

そんな中先日、祖父母のお墓参りを兼ねて、
実家へ里帰りをしました。

自宅から駅までは徒歩15分程度。
いつもなら自転車で行くのですが、
荷物あるので歩く覚悟でいましたが、
外へ出た途端に断念。

幸いにも我が家は国道に程近い場所いあるため
右手を高く挙げてしまいました。
はい。駅までタクシー乗車です。
子供達はほぼ初めてのタクシー乗車。
たまたま高級車の個人タクシーだったこともあり
子供達は大興奮。

駅までついて、次は新幹線です。
1時間強の乗車ですが、またまた子供達は大興奮。

そして下車。

実家まではバスで20分弱ですが、
時刻表を見ると、行ったばかりの状況で、
30分待つことなんて出来るわけもなく。

またまた乗ってしまったタクシーに。
またまた子供達大興奮。

それからというもの、子供達は近所でもらってきた
ダンボールでタクシーを作り、
ごっこ遊びを楽しんでいます。

大きな出費になってしまいましたが、
子供達もタクシー初体験できたし、
たまにはこんな贅沢もいいですよね。

ですが、勿論、主人には絶対にヒミツです。

七夕飾り

我が家の子供たちはまだ幼児ということもあって、
いわゆる行事は、一応それらしく実施しています。

先日の七夕には、子供が笹をもらって帰ってくるので、
短冊にそれぞれお願い事を書いて、折り紙で
七夕飾りを作って飾ります。

子供たちは折り紙や工作が大好きなのですが、
私はどうも苦手です。
けれど、七夕飾りはどれもこれも、比較的簡単に
作ることが出来るので楽しい。

折る作業がほとんどなく、切って貼る作業がメイン
だからでしょうか。

というわけで、今年の七夕もお飾り豊富な
素敵な七夕になりました。

短冊のお願い事はというと、子供たちは
戦隊者になりたいとか、
何が欲しいとか、
そんな感じでした。

私は子供たちの幸せを。
主人は、交通安全・健康第一・家内安全でした(笑)

そうそう、七夕つながりで、こんな話を聞きました。
織姫と彦星が、一年に一度だけ天の川で会える
というのが、いわゆる七夕神話ですが、
雨だったら会えないって思ってませんでしたか?
私は何となくそう思っていたのですが、
実は、天候に関わらず会えているそうです。
そして雨は、二人の涙。
再会に感激して泣いている涙なんですって。
そう思うと、七夕って素敵ですね。

あ~あ、私も来世ではそんな恋愛がしたいわ。